フリーエンジニアのメリットとデメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーエンジニアのメリットとデメリット

エンジニアが会社などの組織に所属せず、自営業のような形で直接仕事を取り生計を立てることをフリーエンジニアといいます。フリーエンジニアにはメリット、デメリットがあります。まず、メリットですが、業績がよければ仕事がどんどん入ってきて自分の頑張り次第で収入アップが可能だったり、組織に所属しないことでの開放感、自分で仕事時間を管理することができる、やりたい仕事を選べる、といった多数のメリットがあります。仕事が入ってくるか否かは人脈や営業成果にもよるので、それらの自信かどうかが1つのターニングポイントになります。いかに現役時代に人脈やコネを作っておけるか、そしてフリーエンジニアになってからもお客様に満足してもらうことができるか、が大切になるのです。

逆にデメリットとしては、仕事が非常に不安定だったり、トラブルがあれば全て自分で対処しなければならない、ということが考えられます。雇用が保障されているわけではありませんから、毎月安定した収入が入ってくるわけではないのです。長い人生、先行きの見えないフリーエンジニアという形態に不安を感じてしまうこともあるかもしれません。もちろんその人次第なので向いているかそうではないかは資質によるところが大きいといえるでしょう。このようにメリット、デメリットがあるフリーエンジニアですが、もし興味があればじっくりと自分と向き合ってみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加